oosaka2

大阪での暮らしを選ぶなら要注意!ミナミとキタは全然違う!

m.mさん 30代前半女性 (南大阪在住)

初めて大阪に引っ越すのであれば、地域は厳選しなければなりません。

それは同じ大阪でも、場所によってカラーが全然違うからです。

 

私は産まれも育ちも南大阪ですが、はっきり言って「ミナミ」と呼ばれるいわゆる難波から南の方は、想像通りの「大阪人」カラーがかなり強めなのです。

きっと外から来た人はしんどいと思います。

 

そこでおすすめしたいのは、断然「福島区(ふくしまく)」です。

梅田にはたった一駅でとても便利で、オフィス街なので転勤などで外から来ている方もたくさん暮らしています。

オシャレなカフェや、おいしいお店がたくさんあります。

 

梅田にこんなに近いのに、家賃はお安く、安ければ1Rだと三万円で見つけられます。

ちょっとランクをあげても一人暮らしの女性の場合は5万円くらいでじゅうぶんだと思います。

 

福島区のネイルサロンに勤めていた経験がありますが、南大阪の地元と比べると同じ大阪とは思えないくらい人の雰囲気は違いました。

上品な方が多く、「バリバリの大阪弁」を話す人が少なかったため私も言葉のイントネーションに気をつけて接客していました。

 

実際に、その周辺のいわゆる「キタ」エリアの方は、南大阪の人間と一緒にされる事をとても嫌がります。

こちらに住めば車も必要ありませんし、金銭的にも精神的にもストレスなく暮らせるかなと思います。

ミナミ」エリアの私が言うのですから、間違いありませんよ。

 

難波と梅田では全然違います。

 

大阪の、良くいえば「人懐っこい」、悪く言えば「おせっかいで図々しい」。

賑やかな人柄に包まれたいのであればミナミエリアの方がおすすめですが、そんな人は少ないと思いますので…福島区、素敵な街ですよ。

やっぱりお勧めは環状線内や環状線の内側です。

p.mさん 女性 (大阪市内在住)

(私の家が)都心に近いと言う事で大阪市内に限って書かせて頂きます。

大阪市内は24区あります。

 

一番の繁華街は北区(きたく)になります。

梅田がありオフィスビル、商業施設が建ち並びます。

 

阪急百貨店、ヨドバシカメラ、ヘップファイブやグランフロント等、休みの日に遊びに行く所が沢山あります。

少し行くと北新地(きたしんち)と言われる地域で飲み屋街になります。比較的高級志向のキャバクラやラウンジが多いです。

 

それに付随して高級な食品を扱う飲食店が多いです。当然ですが家賃は高いです。

50平米の物件で月々15万円程度はします。

 

安い物件(月3万円以下)もありますが、築年数がかなり経過していたり、立地、建物が悪い物になります。

我慢ポイントはありますが、住めない状況ではありません。

 

近くには日本一長いと言われている天神橋筋商店街(てんじんばしすじしょうてんがい)があります。

天満の地域は裏天満(うらてんま)と言われ、キタ、ナンバ、裏難波、天王寺に飽きた人が辿り着いたりもする飲食店街があります。

物件も多く出てるので住みやすい地域です。

 

次いで繁華街になるのがミナミと言われる難波です。

浪速区(なにわく)という地域になります。

 

なんばパークスや高島屋、ヤマダ電機、なんなんタウン等があります。

自転車範囲内には堀江(ほりえ)と言われる少しオシャレな地域アメリカ村と呼ばれる古着好きの人が集まる地域もあります。

 

なんばの次の地域は日本橋(にほんばし)と言われ電気屋街が連なります。

東京でいう秋葉原です。

 

そこには黒門市場(くろもんいちば)という新鮮な魚を扱う商店街があります。

昨今は中国、台湾、韓国等の観光客が押し寄せています。

 

飲食店街も沢山あります。

宗右衛門町(そうえもんちょう)と言うのが飲み屋街になります。

そこまでは大きな商店街で繋がっています。

 

キタと並んで休日には買い物に行って楽しめる地域になります。

商業地域ですのでキタと同じ様にあまり賃貸物件はありません。家賃も高めになります。

 

キタよりは安く50平米位でも12~13万円程度で借りれる所も多いです。

安い物件も多いですがやや治安の悪い地域もあります。

 

次いで繁華街になるのが高さで有名な天王寺、アベノの地域になります。

ハルカスやキューズモール等あり、動物園もあります。

 

観光名所で言うと串カツで有名な新世界、通天閣等もあります。

区としては阿倍野区(あべのく)になります。

 

隣が西成区(にしなりく)という立地になります。

西成区は日雇い労働者で溢れる、貧困層の土地柄になります。

 

飛田新地(とびたしんち)というピンクで売っている店も点在します。

初めて行く人はショックを受ける事もあります。

 

その様な地域が近くにある事からいまいち地価は上がりません。

比較的安く住む事が出来ます。

50平米の賃貸で10万円を切る物件もあります。

 

大阪で一番の高級住宅街は帝塚山(てづかやま)と言う地域になります。

住吉区(すみよしく)という地域です。

 

一戸建てが多く大きな家ばかりがあり、高い塀で囲われています。

繁華街から少し離れている事もあり賃貸で安く住むにはあまり適さない地域です。

 

平野区(ひらのく)、天王寺区(てんのうじく)、中央区(ちゅうおうく)は子育て世帯で人気の地域です。

 

特に天王寺区(てんのうじく)は少しお金持ちの人も多い土地柄になります。

 

キタ、ミナミ、天王寺、何処に出るのも便利のいい地域です。

特になんば迄は自転車でも通う事が出来ます。

 

生野区(いくのく)は韓国の人が多いです。

 

城東区(じょうとうく)、旭区(あさひく)、東淀川区(ひがしよどがわく)は少し田舎で廃れた感じの所になります。

安くは住む事が可能です。

 

キタ、ミナミ、天王寺等の繁華街は少し家賃が高いので、環状線内か環状線内側の天王寺区等の地域が安く住めて繁華街にも行き易く交通の便利がいいと思います。

基本的に電車であちこち行く事が出来るので、お気に入りの地域が見付かると良いですね。

大阪市鶴見区をお勧めします。

k.mさん 50代男性 (大阪市鶴見区在住)

はじめまして。

大阪生まれの大阪育ち、56歳のタクシー運転手です。

 

私は、生まれて今まで大阪市鶴見区(つるみく)に住んでいます。

また、仕事上大阪府下が主な仕事場ですし、その中心は大阪市内です。

 

他府県にお住いの方は大阪についてどういった認識をお持ちでしょうか?

東京のような大都市をイメージされているんではないでしょうか?

 

大阪で大都市のイメージがあるのは大阪駅を中心とした一部の地域だけでその周辺の地域は普通の地方都市ぐらいのイメージで捉えていただいたほうがいいと思います。

 

鶴見区は大阪市内北東部にあります。

昔 花と緑の万国博覧会の会場であった鶴見緑地公園があります。

 

大阪市内で大きな公園は大阪城公園、長居公園、鶴見緑地公園の3か所しかありません。

交通機関は市営地下鉄長堀鶴見緑地線がありますので、市内中心部へのアクセスも便利です。

 

買い物はイオン、また多数のスーパーマーケットがあります。

 

元々、鶴見区は大阪でも珍しい田舎でした。

私が高校生の頃は高校の通学路は田んぼのあぜ道だったくらい田舎でした。

 

よく同級生にもからかわれたものでした。

それが、花と緑の博覧会開催で激変いたしました。

 

今はとても住みやすい地域です。

また、環境が良いせいか、人口は右肩上がりに増えていると思います。

 

こう言う状況ですので、家賃は上昇中?なのかも知れませんが…

ただ、独身の女性が大阪でお住まいになるなら家賃が少し高くても安心して頂けると思いますし、ご満足して頂けると思います。

神戸から大阪に引っ越しました☆

s.sさん 30代女性 (神戸出身)

大阪というと、梅田界隈のいわゆる都会というイメージのところだけではなく、昔からの地元の人たちが住んでいる下町というイメージの場所も多くありますが、私のオススメは、江坂、豊中周辺です。

 

豊中駅は、阪急電車沿線ですが、急行が停まるので梅田までのアクセスもよく、また一駅先の蛍池からはモノレールにも乗れるので、万博記念公園にも出やすく休みの日には春にはコスモスを見に行ったり、秋にはどんぐりを広いに行ったりと自然も多く感じられます。

また豊中駅からは坂道が多いのですがバスの本数も多くあるので特に不便を感じることはありません。

 

豊中駅から数十分歩いた所が上野地区、そこからまだ先に行くと千里や江坂などに抜けていけますが、その辺りは子育て世帯には特に人気が高く帰国子女を進んで受け入れている地区なので教育に力を入れている学校や幼稚園がとても多いです。

幼稚園バスも割りと広い範囲をあちこちの幼稚園が走らせているのでたくさんの園から自分自身が気に入った園をきちんと選ぶことができます。

 

町並みもとてもきれいでおしゃれなお家もたくさんありますが上野地区から千里方面に延びているロマンチック街道と呼ばれる道路には、おいしいレストランやパティスリー、カフェ、レストランなども多くあります。

またお医者さんも充実しているのでそういった点でもお薦めします。

 

注意点としては、歩道や車道の道幅が狭くて少し歩きにくい場所もあったり片側一車線ずつの道路も多いので朝夕の通勤や通学、帰宅の時間には道路がかなり混みあいます。

買い物は車があればあちこち行けますが小回りのきく電動自転車がお薦めです。

大阪に住むならここ!治安のよい地域の紹介

a.iさん 女性 (大阪府在住)

大阪と聞くと、「恐そう」、「治安が悪そう」など、少しネガティブなイメージを持っている人もいるようです。

しかし、大阪にも住みやすい地域、治安のいい地域はあるんですよ。

 

これから大阪に移り住む予定の人に向けて、おすすめの地域、「箕面市」(みのおし)を紹介します。
大阪の中心を梅田(JR大阪駅があるところ)としたときに、30分~50分くらいのところにある場所です。

電車は阪急電車を使うと電車だけで30分ほどで到着します。また、地下鉄を使うと、終点の千里中央駅まで行って、そのあとバスに乗る形になります。

 

地下鉄は、2020年に延伸開通する予定で、すでに着工されています。そのため、交通の便は、今でも悪くないですがさらに良くなる予定なんですよ。

とは言え、中心部からは少し離れていますので、家賃はその分リーズナブルに抑えられています。

箕面市は大阪の北、「北摂(ほくせつ)」と呼ばれる地域に含まれています。

この北摂地域は、池田市、吹田市、豊中市など、大阪に住む人でもちょっとした憧れを抱くような、人目置かれる場所なのです。

 

その理由としては、治安がいいこと、そして人もいい(べたべたな大阪、という感じではない)こと、高級住宅街があって街並みの綺麗、などでしょうか。

落ち着いた環境に、落ち着いた人間が住んでいるという雰囲気です。

 

箕面市は北摂の中でも特に人気があります。それは、やはり住環境がいいためでしょう。

これから延伸される地下鉄の終着駅が設置される場所には、大きなショッピングモールがあり、土日は多くの人でにぎわっています。

 

また、前述の千里中央駅まで出ると、そこにはデパートが2つあり、家電量販店、ショッピングモールがあります。

さらにそこからモノレールで2駅行くと、以前万博が開かれた場所にららぽーとがあり、ちょっとしたテーマパークのような感じになっています。

 

箕面市には隠れ家系カフェや飲食店など、おしゃれなお店も多くあり、それらを目当てに訪れる人も多いです。

これらの娯楽施設がある反面、田んぼや公園などの土地も広く取られていて、散歩にちょうどいい、のんびりとした環境が残されています。

 

大阪に住む予定なら、ぜひ箕面市を候補に入れてみてください!

大阪に住むのが初めての女性へのおすすめエリア

m.yさん 30代男性 (兵庫県在住)

大阪に土地勘がない女性でも、「阪急」と聞くと、耳なじみがあるという女性は多いのではないでしょうか。

 

数年前に「阪急電車」という映画が上映されましたが、あそこに描かれているとおり、「阪急」にはどこか上品な閑静で上品なイメージがつきまといます。

 

勤務地が大阪の都心部、中でもキタと言われている「梅田駅」の都心エリアに通勤すると想定した場合、その「梅田駅」に直結の阪急電車の沿線はどれもとても魅力的ですが、私は「阪急宝塚線」の「曽根駅」から「川西能勢口駅」までの間の各駅をおすすめしようと思います。

 

その理由としては大きく上げて2点。

・女性の一人暮らしでも安心できる治安と、利便性のバランスがいい

・転勤族など関西エリア外から来た人でも、比較的なじみやすい

というポイントを満たしているからです。

 

この中でいくつかの駅をチョイスし、その理由をあげます。

 

曽根駅(そねえき)」は豊中市の中南部に位置し、普通電車しか止まりませんが、駅前にダイエーがあり買い物などの利便性が高いことに加えて、駅周辺は古くからの高級住宅街で全体的に治安がいいこと、その割に急行電車などの優等列車が止まらないためか、家賃相場も抑えめであり、個人的には穴場であると思うからです。

 

石橋駅(いしばしえき)」は、大阪大学の最寄り駅であるため、駅周辺は少しごちゃごちゃしていますが、なんといっても学生が多いため賃貸物件の需要が多く、希望にかなう部屋探しをすることができるエリアではないかと思うからです。

 

川西能勢口駅(かわにしのせぐちえき)」は、梅田駅からは少し距離はありますが、朝の通勤ラッシュ時に当駅始発の通勤特急が設定されていて着席機会があることと、川西市の中心駅のため、駅周辺にスーパーや百貨店などのショッピングモールが充実していて、女性の暮らしに最適な環境がそろっているという点です。

 

注意点として、「阪急宝塚線」のエリアはおおまかにいって線路の東側のほうが治安がよくて、線路の西側、すなわち大阪国際空港に近くなると治安が悪くなるといわれています。

ちなみに「曽根駅」以南のエリアは、「梅田駅」には近くなりますが、治安上の観点から大阪に不慣れな女性にはおすすめをしません。

 

なお、この「阪急宝塚線」と並行するような形で南北に「北大阪急行電鉄」というのが走っていますが、こちらは利便性、治安ともに高く居住環境は最高ながら概して家賃相場が高いため今回のチョイスからは外しました。

大阪で住むならここがオススメ!豊中市

d.fさん 30代前半男性 (大阪府在住)

大阪の中心と言えば梅田です。

梅田にアクセスが近い場所、比較的家賃も安くて・・となると豊中がおすすめです。

 

南大阪(堺など)や東大阪は治安があまり良くなく、地元民のマナーも悪ければ運転マナー等も非常に悪いのでお勧めできません。

仕事もそこでは行わないほうが良いでしょう。(ありえないようなモンスタークレーマーが存在します。)

 

大阪の中でも北大阪は比較的治安もよく、人柄も穏やかな人間が多いほうだと感じます。

箕面市まで行くと山もあり、人口密度もそこまで高くありませんが都心までは遠くなります。

 

豊中市の北部であれば家賃等も安く、都心の梅田までは御堂筋一本でスムーズに行き来できます。

車で行くと非常に混むので電車での移動をお勧めします。

 

豊中市でもどの地域がおすすめかと言うと千里中央です。

交通の便が非常に良いです。

 

電車からモノレール、バスターミナルもあり、車だと高速道路の乗り口も近く、旅行もしやすいです。

 

千里中央ならば大型のショッピングモールもあり、普段の買い物であれば梅田まで行かなくても十分です。

開園したてのエキスポシティや万博公園も近くて便利です。また箕面もすぐ近くになるのでイオンや紅葉の時期は箕面の滝まで行けるのも魅力です。

新御堂沿いでなければ夜も比較的静かです。

 

少子化が進んでいるので子供の数は少なめです。どこの小学校も30人2クラス程度でしょう。

小学校や幼稚園が統合するという噂もあります。

 

豊中市は比較的広いのですが、北側をオススメします。

南側に行けば少し家賃等も低くなり梅田には近くなりますが、庄内などは堺と変わらないほど治安が悪く、深夜の一人歩きは控えた方がいいでしょう。

都会すぎず、田舎すぎないことが大事で、駅近くがいいです

s.iさん 女性 (2年間大阪赴任)

転勤族の父親が仕事の関係で、単身赴任として約2年近く大阪に住んでいたことがあります。

大阪駅や新大阪駅の近くが1番利便性がききますが、家賃相場は平均以上のところが多いです。

 

なので交通アクセスがほどほどで、学校・スーパー・病院が自宅から徒歩30分の範囲内にあり、仕事を持っている人の勤務地が、車や電車を使っても60分未満で通勤可能なところがいいと感じます。

 

私は大阪に住むのなら、高槻市(たかつきし)がいいと思います。

都会とは言えないけれど、わりと街中とは言え、ほどよく緑があるのが好きです。徒歩で駅まで行ける、駅近くの物件を探すといいです。

 

高槻市からは、大阪への交通機関のアクセスもよいですが、京都へのアクセスもよいし、高槻駅は栄えているので、衣食住に関するものを駅周辺でほとんどそろえることが可能だし、飲食店の数は特に多いです。

家賃が大阪では安いほうなのがコスト的にもいいです。駅さえ近ければ、基本生活に困ることなくどこでも行けます。

 

高槻市は緑も多いですが、場所によってはバスの本数が少ないので、車が必需品となる場合もあるので、車を持たない・乗れない人は、緑に囲まれた場所には住まないほうがいいように思います。

自分の「脚」となる交通手段によって、住む地域を決断するべきです。

 

緑に囲まれた場所は休日に利用して楽しむ場所として、街中に住んだほうが生活にも困りません。

大阪で最も有名な観光地といえる、ユニバーサルスタジオジャパンへの電車での交通アクセスも、そう遠くないので、USJが大好きな人にも住みやすい都市だと思います。

大阪のエリア別特徴と人気のエリア

r.gさん 60代後半男性 (大阪府在住)

大阪府は面積が狭い都道府県ですが、東西よりも南北の方が距離があり、電車での移動でも1時間半余りかかる為、居住場所を決める時には勤務場所に対する配慮も必要です。

 

仮に勤務地が大阪市内のビジネス街なら、大阪市内に住むのがやはり一番便利です。

しかし、都心部のマンションなどは賃料が高いため、大阪市営地下鉄とJRや私鉄やバスの2つのアクセスが可能な周辺の区がお勧めです。

 

こうした条件に適う区としては、城東区天王寺区住吉区平野区が良いと言えるでしょう。

これらの区は、比較的古くからの住宅街で、庶民的な街でもあります。

 

これに比べて住之江区のベイエリアには、マンションが林立する地域があり、こうした雰囲気の方が好きな方なら、ここも選択肢と言えるでしょう。

 

大阪市以外では北摂の池田市、吹田市、箕面市などが比較的人気のあるエリアです。

これらの都市は大阪にしては緑が多く、子育て制度が充実している事などで若い人に人気が高いのです。

 

一方、折角大阪に住むのだから、雑然としていても大阪の下町風情を味わいたいと考えるなら、大阪市の東隣の東大阪市八尾市と言う選択肢もあるでしょう。

 

大阪での居住地を考える場合、同じ大阪府内でも大阪市の北側の池田、吹田、箕面市あたりと東側の東大阪、八尾周辺や南側の堺市や泉州地方では少し言葉の粗っぽさも異なります。

東側や南側の方が言葉は荒く、大阪の言葉が怖いと言う女性などには、大阪市内か北側の市の方が良いかも知れません。

 

本記事等を参考に、実際に大阪市の周辺区を含めて北側、東側、南側のそれぞれ何カ所かを見分して居住場所を決めると良いでしょう。

大阪に住むなら、東淀川区、北摂、京阪沿線の3つがお勧め

h.hさん 男性 (京都府在住)

大阪市内で、家賃が安くて住みやすいところを1つあげるとするならば、大阪市東淀川区です。

 

この東淀川区は、大阪市内のなかで比較的家賃相場が安いところなので、(だいたい近隣の区と比べて5千円から1万円ほど安いです)家賃を節約したいなら、この区が一番です。

 

交通の便もよく、大阪市の中枢と言える大阪駅周辺や、淀屋橋・北浜エリアに20分から30分ほどで行けるので、通勤や買い物をするのにも不便がありません。

ですので、大阪市内に住むなら東淀川区に住むのがお勧めです。

 

もっとも、大阪市内に住むことにこだわらないなら、東淀川区のほかにもいいところがあります。

それは、豊中市や吹田市などの北摂エリアと、寝屋川市や枚方市などの、京阪沿線エリアです。

 

特に、寝屋川市や枚方市などの京阪沿線エリアは、東淀川区よりも家賃相場が1万円近く安いので、出来るだけ家賃の安いところに住みたい人には、うってつけです。

(北摂エリアの場合、家賃が東淀川区より5千円~1万円ほど高いです)

寝屋川市や枚方市からなら、淀屋橋・北浜エリアに京阪電鉄で電車1本、30分でいけるので、交通面で不便を感じることはないでしょう。

 

治安や買い物の便利さに関して言えば、東淀川区、北摂エリア、京阪沿線エリアどれもそこまで変わりません。

 

まとめると大阪市内に住みたいなら東淀川区、大阪の中でも、わりと上品なところに住みたいなら北摂エリア、家賃の安いところに住みたいなら京阪沿線エリアに住むのがよいでしょう。

・市内に住みたい…東淀川区

・上品なところに住みたい…豊中市、吹田市…北摂エリア

・家賃の安いところに住みたい…寝屋川市、枚方市…京阪沿線エリア

以上、大阪の住みやすい地区の紹介を終わります。

お読みいただき、ありがとうございました。