tyuui2

 

引越しが決まり、法人など引越し業者が指定されている場合以外は、引越し業者選びに1番悩むのではないでしょうか。

多数の引越し業者があり、評判なども様々だからです。

 

ただし、今までに数回引越しを経験した立場からアドバイスすれば、完璧な引越し業者などはなく、最初から過度な期待を抱かないことが、トラブルにならない最適な方法です。

 

例えば、引越し業者数社から相見積もりを取ったとしましょう。

大抵の引越し業者は、先に見積もりを出した引越し業者よりも、安い値段を提示するはずです。

 

何故、このようなことが出来るのか?

 

それは営業担当が、引越し作業を担当するチームの中にアルバイトを入れたり、あるいは1度引越しが終わった後の2便を利用するなど、それなりに利益が出るように計算しているからです。

 

従って、引越し業者が負担するコストは基本的には変わらず、出来るだけスムーズに引越しをするか、多少不自由さを選ぶかによって、値段の違いが出てくると考えて良いでしょう。

 

よくクチコミが参考になるという意見がありますが、私の場合はクチコミが当てになったことはありません。

 

これは、引越し業者が同じ人間だけで作業している訳ではなく、良いチームに当たれば引越しもスムーズですし、そうでなければ反対の結果になります。

 

従って、値段が高ければ良いチームに当たる確率は高いかもしれませんが、当日のアルバイトが使えなかったりすると、スムーズな引越しも出来ません。

繰り返しになりますが、過度の期待を抱かず、普通に引越し作業をしてくれればよしと考える余裕が必要です。

引越し業者を料金以外の条件で選ぶ場合

引越しの見積もりは出来るだけ安いに越したことはありません。

ですが、いくつかの業者に見積もりを依頼しても、ほとんど料金が変わらないということがあります。

 

では、この場合はどのような違いで選べばいいのでしょうか?

 

まず、見積もり以外の追加料金に注意してください。

例えば新居で荷物の開梱や設置を行う際に、自分で設置するのは難しいような大型の機器などはその設置作業まで行ってくれますが、これは事前に見積もりに含まれている場合以外はまず追加料金になります。

 

よって、見積もりにそれらの機器の設置費用という項目が入っているかどうかをきちんと確認しておきましょう。

これがあると無いとでは、同じ見積もり金額でも実際には違うということになるからです。

 

そして、”詰み切り”と書かれていた場合にも注意が必要です。

これは引越し業界ではトラックに乗るだけという意味で、乗り切らなかった場合にはその分を自分で運ぶことになったり、追加で別のトラックを出すことになると、もちろんその分は別に料金が掛かります。

 

もし後でそのようなことは聞いていないと言っても、”詰み切り”でOKをしてしまうとそれを納得の上だという解釈になってしまうので、これはきちんと確認しておいてください。

 

また、ネットでの各業者の口コミも参考になります。

基本的には誰でも名前を聞いたことがあるような大手の業者の方が安心だと言えますが、地域を限定している比較的小さい業者でも、とても丁寧な作業を行ってくれる場合も多く存在します。

 

逆に担当の地域では大手の業者より対応が良かったということも少なくないので、決して名前だけでは決めずに内容を重視して選択することが大切だと言えます。