aiti2

名古屋市内でしたら、東山沿線がとても便利ですよ

t.sさん 30代女性 (愛知県名古屋市在住)

私は、名古屋市内に住んでいます。

名古屋市内は地下鉄が鶴舞線、名城線、桜通線、東山線と4つの路線が走っています。

 

それぞれ地域にも特性があるのですが、特に20代から30代の独身女性が住みやすい場所は、中区、千種区、名東区あたりではないでしょうか。

 

中区(なかく)は栄駅付近が繁華街が広がっており、ショッピングするには最適なエリアです。

百貨店は丸栄・三越・ラシック・松坂屋・パルコなどが密集しております。

 

また日本一広い地下街が広がっており、徒歩圏内で移動できますので一日何かと楽しめるエリアです。

美味しい飲食店も多く点在しておりますので、衣食住には事欠かないエリアです。

 

千種区(ちくさく)は中区から少し東に進んだエリアで、比較的ゆったりした街並みが広がっています。

地下鉄各路線が走っていますので、移動手段は地下鉄やバスなどが便利です。

 

また平坦な場所が比較的多いので、自転車でも回ることは可能です。

この中でもおしゃれスポットは東山線沿線沿いにある覚王山や本山エリアです。

 

雰囲気で言えば、東京の代官山のような感じで、おしゃれな買い物スポットやカフェ屋が点在しており、栄付近とはまた違ってゆったりと過ごせる街になっています。

そしてこの付近にはいくつかの大学があり、若者が行き交っていますので何かと賑わっているエリアです。

 

最後に名東区(めいとうく)ですが、こちらは比較的転勤者が多く住む街となっています。

アパートやマンションが点在しており、昔ながら住んでいる方が少ないので、しがらみがないともよく聞きます。

 

コアラがいることで有名な東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん)や桜で有名な平和公園(へいわこうえん)が近くにあります。

 

どちらかというと家族連れが多く住む街のようですが、東山線が通っていますので繁華街やオフィスビルが並ぶ栄駅までおよそ15分ほどで到着します。

 

そして閑静なエリアが広がっていますので、とても住みやすいエリアです。

名古屋に住むなら本山

k.zさん 30代前半男性 (愛知県名古屋市在住)

私は、名古屋在住の30歳サラリーマン男性です。

名古屋に住み始めて10年近くなりますが、かなり住みやすい都市だと思っています。

 

名古屋駅や栄などの街もあればそこから離れれば閑静な住宅街の地区もあります。

年齢や性別、職業などで好みも異なりますが、私がおすすめする名古屋の住む場所を紹介したいと思います。

 

名古屋に住むなら千種区の本山(もとやま)がおすすめです。

地下鉄の名城線と東山線の駅があり、名古屋駅や金山駅など名古屋の主要な駅に乗り換え無しで行ける交通の便にまずメリットがあります。

 

さらに、栄や錦といった街中にも地下鉄一本で行くことができる為かなり人気のある地域です。

 

さらに本山は、周辺の環境も静かです。

住宅街というわけではありませんが、ごちゃごちゃした街中という感じではない為、住むには快適な場所です。

 

学生街というわけでも無いので、家賃の相場は格安という訳にはいきませんが、名古屋駅や栄などに比べると良心的な金額で住むことができます。

 

スーパーやコンビニなども近くにあるのに加えて、少し足を伸ばすと星ヶ丘に三越があったりと買い物する環境もかなり整っている場所です。

 

交通の便がかなりいい場所なので、車は必要ないぐらいですが、車を所有している人にとっても名古屋インターも近くにあるのでドライブ旅行にも便利です。

 

名古屋の名所の1つである東山動物園や、星ヶ丘ボーリングなども近くにあり娯楽や観光についてもまずまずです。

このように、名古屋に住むなら本山が全ての要素でバランスよくおすすめの地域です。

愛知に住むなら、名古屋市だけでなく一宮や稲沢もお勧め

h.tさん 30代後半女性 (愛知県在住)

愛知県で引っ越しを考えているなら、やはり、名古屋市に住みたい!という方も多いのではないでしょうか。

しかし、住環境も良く、人気が高い分、お値段も高くなってしまいます。

 

値段を安く抑えたい方は、名古屋市から程近い一宮市稲沢市なども検討に入れてみてはいかがでしょうか。

実は、名古屋と言っても、中心部から離れていけば電車や車での移動など、中心部に出るのは不便だったりします。

 

その点、一宮市や稲沢市などはJR東海道線で名古屋まで乗り換えなしで10分~15分と、交通の便がいいのが特徴です。

名鉄電車の駅もあり、駅周辺なら名古屋や岐阜などにすぐに行けるのがいいですね。

 

JRと名鉄の一宮駅(いちのみやえき)には駅ビルがあり、名鉄百貨店というデパートなどが入っています。

スーパーやコンビニ、病院、幼稚園や保育園なども多く、生活するにも便利な街です。

 

ただ、一宮駅周辺はお値段もそれなりに高くなってしまいます。

車を自由に使えるなら、名古屋にも楽に出ることができますが、駅周辺を考えているなら、お隣の稲沢市も良いでしょう。

 

JR稲沢駅(いなざわえき)周辺は開発も進んでいて、駅からすぐの所にリーフウォーク稲沢という大型ショッピングモールもでき、人気を集めています。

それ以外にも便利なスーパー、銀行やホームセンター、最近ではおしゃれなカフェなども増えてきています。

 

稲沢市民病院や図書館は近年新しくなり、充実した設備が整っています。

名鉄の国府宮駅(こうのみやえき)周辺も、国府宮神社などがあり、静かで落ち着いた環境もいいですね。

 

田園風景が広がりながら、名古屋への交通の便が良い便利な街となっています。

他にも、名古屋市以外なら、春日井市(かすがいし)の勝川駅周辺などもショッピングセンターの立ち並ぶ便利で画期的な街で、交通の便も良く、お勧めですよ。

上小田井、中小田井、おすすめです

k.nさん 20代前半女性 (滋賀県在住の名古屋市赴任)

私がオススメするのはズバリ、「上小田井」、「中小田井」です。「かみおたい」「なかおたい」と読みます。

 

私が4年前に仕事の関係で名古屋に住もうと思った時、お金もなかったので、「出来るだけ家賃を抑えて、尚且つある程度周りに生活する上で不便のないように施設があって、仕事場(西春駅)にも近くて尚且つ名古屋駅まで近い」という条件で賃貸を探していました。

 

そこで目をつけたのが上記2つの駅でした。

 

まず上小田井(かみおたい)。

上小田井駅は地下鉄鶴舞線の終着駅であって、尚且つ名鉄の特急や準急なども全て止まります。

 

名古屋までだいたい12分くらいの距離です。

上小田井駅前は都会ではなく、どちらかと言えば落ち着いているのですが、徒歩10分くらいのところに名古屋ではかなり大きい「mozo」というショッピングモールがあります。

四階建てのイオンモールで、ここに行けば大概のものは揃っていますし、何も不便はありません。

 

レンタルショップと本屋が併設されているTSUTAYAも駅前にあるので、そういった面でも困ることはありません。

西区になります。

 

家賃もワンルーム5万前後とリーズナブルな価格なので、そういった面でも良いと思います。

 

次は中小田井(なかおたい)。

中小田井は上小田井の一つ名古屋よりの駅になります。

 

電車は普通電車のみしか止まりませんが、名古屋まで15分くらいで着くことができます。

中小田井駅周辺には特になにもないのですが、ファミリーマートと食料品が調達できる平和堂というスーパーがあります。

 

まだ、中小田井駅の周辺は名古屋市ではなく、清須市のところとありますので、聞いた話によると住民税が名古屋市より若干お安くなるところもあるそうです。

 

以上二駅周辺が私のおすすめです。宜しければ調べてみてくださいね。

名古屋駅に近くて家賃が安い地域がいい

n.kさん 女性 (愛知県在住)

名古屋市は交通が便利な地域です。

車を持っていない人でも、バスや電車で市内ならどこでも行くことが出来ます。

住むとしたら、都心からは少し離れた場所がお勧めですよ。

 

1番目にお勧めしたい駅として、名古屋市中村区の中村公園駅(なかむらこうえんえき)なら、名古屋駅に近いけれど家賃はわりと安いと言われます。

 

地下鉄なら、乗り換えもしないで、10分程で名古屋駅に着くのです。

名古屋駅へ行けば、高島屋や東急ハンズなどのお店があるので、買い物に便利と言われます。

 

美味しいパン屋もあるし、デパ地下のお店では、名古屋名物だけでなく美味しい惣菜も売っているのです。

中村公園駅は、歴史のある街で、歩いて5分程の場所に中村公園という場所があります。

 

ここでは、毎年お祭りが開催されていたり、賑わいのある街です。

 

大きな鳥居が目印ですが、本当に驚く大きさです。

駅周辺には、スーパーや和菓子屋、美味しいレストランもあるので買い物には困りません。

 

2番目にお勧めしたい場所は、名古屋市の中村日赤駅(なかむらにっせきえき)です。

 

名古屋駅まで乗り換えもしないで、8~10分で着きます。

駅の目の前には、赤十字病院があるので、病気になった時に行ける場所です。

 

病院と地下鉄は歩いて行ける距離です。

中には、コンビニや食堂もあるので、誰でも行くことが出来ます。

 

有名な病院があるし、近くにはスーパーもあります。

都心に近くて、家賃もそこまで高くはありません。

 

名古屋駅まで乗り換えをしないで行ける場所として、中村区はお勧めです。

女性の一人暮らしやファミリー世帯におすすめの名東区

愛知県に女性が住むなら、東山線沿い、地域でいうなら名東区(めいとうく)がおすすめです。

 

駅名で言えば「星ヶ丘(星ヶ丘駅自体は千種区です)・「一社」・「上社」・「本郷」・「藤が丘」駅あたりになります。

都内から愛知に転勤で異動したことがあり、地元の社員や、不動産会社の方にどのあたりに住むのがおすすめか訪ねた所、みんなに口を揃えたように名東区をすすめられました。

 

男性の一人暮らしであれば、名駅にちかい千種区や中村区という選択肢もありましたが、女性の一人暮らしの場合やファミリー世帯は名東区に住む人が多かったようです。

一番の理由は治安の良さです。

 

閑静な住宅地が多く、割合新興で開発された地域が多いので、愛知県の中では転勤族が多く住んでいることでよく知られているようです。

普段は静かな地域ですが、駅近くにスーパーを始めとする普段の買い物に便利なお店が充実している印象です。

 

名古屋の人は車の運転する人が多いので、駅から離れた場所にも駐車場完備のショッピングエリアがいくつもあります。

 

家賃は愛知県の中で人気の地域らしく、平均より少し高めの価格帯と聞きましたが、東京都下に比べると、はるかに安い金額で条件のよい部屋が借りられると思います。

場所によっては坂が多い地域もあるので、気になる人は駅までの経路など下見をしておくといいかもしれません。

 

通勤時間帯の東山線は残念ながらかなり混雑していましたが、女性専用車両が用意されていた記憶があります。

日本で一番若い街

愛知県内で今もっとも勢いのある街といえば、やはり長久手市(ながくてし)でしょう。

 

長久手市は名古屋市と豊田市の間にはさまれた街です。

住民の平均年齢が全国の自治体のなかでもっとも若いことから「日本で一番若い街」といわれており、特に若い夫婦や家族が多く暮らしている街です。

 

そのため街自体に非常に活気があります。

オシャレなカフェやレストランなどもどんどん増えており、またつい先日、イオンモールもオープンしました。

 

2017年には東海地方で初めてイケアがオープンすることも大きな話題になっています。

長久手市内には公共交通機関として名鉄バスなどが走っていますが、もっとも大きな特色といえるのがリニモです。

 

リニモはリニアモーターによって走る電車で、最先端の交通システムといえます。

このリニモが名古屋市内をはしる地下鉄の藤が丘駅と接続しており、藤が丘駅から市内中心部までは乗り換えなく20分から30分程度で行くことができます。

 

もっと都心部に近いところとなると、千種区が便利です。

なかでも覚王山や自由ヶ丘といったエリアは地下鉄の駅もあり、交通の便が非常によく、また名古屋市内でありながら緑のある環境の良いエリアといえます。

 

ただ、やはり地下鉄の駅に近いところは家賃が高めになってしまう傾向にあります。

その点、長久手市であれば、それほど家賃が高くなく、環境の良い住みやすい街といえるでしょう。

 

街自体が新しくキレイなので、特に女性にはオススメの街です。

地下鉄東山線の本山~藤が丘

名古屋市内に住むなら、地下鉄東山線の「本山」から、終点「藤が丘」までがおススメです。

治安のよい住みよい街が多いエリアで、東山線を使えば栄、名古屋駅まで、乗り換えなしで行けます。

 

まず「本山(もとやま)」。

名古屋大学をはじめ、私大のキャンパスもあり、学生の街です。

 

お洒落なお店も多く、街の雰囲気も明るい。

大きなスーパーもあるし、地方から出てきた学生も多いので単身者向けのお店も多く、物価も抑えめで、住みやすいと思います。

 

星ヶ丘(ほしがおか)」も女子大のキャンパスがある街ですが、こちらは女性向けの街です。

星ヶ丘三越と星ヶ丘テラスというショッピングセンターがあり、買い物は便利です。

 

女性に人気があるせいか、街を歩いていても清潔な雰囲気があります。

治安ももちろんよく、住みたい街の上位にランクインしています。

 

本山と星ヶ丘の間にある「東山公園(ひがしやまこうえん)」は、その名の通り、東山公園のすぐそばで、緑が多い住宅街です。

休日には動物園へ向かう家族連れをよく見かけます。

 

お店は少な目ですが、本山、星ヶ丘まで自転車ですぐなので、自転車を活用すれば問題ありません。

 

終点の「藤が丘(ふじがおか)」は、都心からは少し離れますが、その分家賃は抑えられます。

名駅まで30分なので、首都圏と比べると全然大したことはないし、必ず座れると思えばメリットは大きいかも。

 

駅前にマックスバリュがあり、商店街は充実しています。

治安もよいですよ。

 

また、名古屋市ではありませんが、藤が丘のお隣になる長久手市も住みよいところです。

家賃の面から考えても、利便性の面から考えても、愛知県内に住むなら稲沢市に限ります。

愛知県のなかで、都心部に近くて家賃が安いところといえば、愛知県稲沢市(いなざわし)です。

 

この稲沢市、全国的にみて知名度が低いので、いったいどこにあるの?、と思われるでしょうが、実はこの稲沢市、名古屋市のすぐ傍にあります。

なので、名古屋市に通勤する人が住むにはうってつけの場所です。

 

稲沢市内から名古屋市の中心部まで、電車で30分あればいけるので、なるべく便利な場所に住みたいなら、稲沢市に住むべきでしょう。

 

では、便利さよりも家賃の安さ、コスパのよさを重視する人は愛知のどこに住めばいいのでしょうか。

この場合も稲沢市に住むのが一番よいです。

 

なぜなら稲沢市は、名古屋市内に比べて、家賃相場が1万~2万円ほど安いからです。

 

名古屋市内の賃貸マンションなら間取りが1Kでも、月に5万円ほどかかりますが、稲沢市なら3万5千円ほどで住むことが出来ます。

 

はっきり言ってしまうと、愛知県の中小都市と同じくらいの家賃相場です。

(場所によっては、中小都市でもここより高いです)

 

これだけ安い家賃なのに、名古屋中心部へ30分で行けるのですから、(つまり名古屋市内に住むのとさほど変わらない利便性を確保できるのですから)驚くべきコスパのよさだと言えます。

 

なので、愛知県内に住むなら、利便性の面から考えても、家賃の安さの面から考えても、稲沢市一択になります。

 

職場が名古屋市の南部にある場合、稲沢市より他の場所に住んだ方がいいかもしれませんが、勤務地が北部にあるなら、迷わず稲沢市に住むべきでしょう。

都心部へのアクセスが良好な岡崎市!

愛知県に引っ越そうと考えている方に私がオススメしたいのは、愛知県岡崎市(おかざきし)です。

 

岡崎市は、名古屋から見て東側に位置し、自然が比較的多く残った静かなところです。

岡崎市の南部・東部にはその豊かな自然から、国定公園や自然公園が整備されています。

 

私が岡崎市をオススメするのは、アクセスがとても便利だからです。

岡崎駅には、東海道本線が乗り入れており、東岡崎駅には、名古屋鉄道名古屋本線(名鉄線)が乗り入れています。

これらどちらの鉄道からでも、名古屋や豊橋へと乗り換えることなく行くことができるのです。

 

さらに、名古屋へは30分、豊橋へは20分強で着くので、ショッピングをしたい時や、通勤する時にも問題ないでしょう。

このように、岡崎市はアクセス面においてとてもメリットが大きいのです。

 

また、岡崎市には近年住宅地が次々と作られています。

これは、隣の市である豊田市にある工場へと通う人のための住宅が必要となったからです。

 

つまり、岡崎市はベットタウンとしての位置づけがなされるようになったのです。

これにより、マンションなども選択の余地が増えるので、選ぶ側のニーズに合わせた部屋が見つかりやすいと思います。

 

さらに、岡崎市は、家賃もそれほど高くなく、ワンルーム・1K・1DKのいずれも、4万円台です。

このように、岡崎市は、自然豊かで都心部へのアクセスも良好なだけでなく、家賃が安く選択の余地が豊富にある、引っ越すには最適な市なのです。