kinyuu2

引っ越しの荷造り、どこから手を付けていいか悩みますよね。

あれもこれもと適当に箱詰めすると、後から訳が分からなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、計画的に荷造りを進めましょう。

 

まず、引っ越しの際は不要なものを処分する絶好の機会です。

しまい込んだまま使わなくなってしまっていた物などは、わざわざ新居に持って行っても使う可能性は低いです。

 

粗大ごみなどは自治体の決まりもあるので、早めに手続きをして処分しましょう。

また、粗大ごみは引っ越し業者が引き取ってくれる場合もあるので、問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

次に、近々使う必要のないものを箱詰めします。

例えば、季節はずれの洋服や本類、飾り物類などです。

 

使わないものを詰め終わったら、引っ越しする日までの日数を考えながら、日用品も必要最低限のものを残して箱詰めしましょう。

 

どうしても最後まで必要なものは、逆に言えば、引っ越してからもすぐに使うものです。

 

洗面用具や各種充電器、はさみ、雑巾、ティッシュペーパーなどすぐに必要になるものは「すぐ開梱」などと書いた箱に分けておくと便利です。

 

箱詰めした際は、段ボールに「2階東部屋・洋服ダンス中身」などと、新居で運び入れる部屋と品名を書きましょう。

 

その際、出来る限り中身を細かく書いた方が箱を開ける際に役立ちます。

洋服ダンスでも「下から二段目パンツ類」などと追加で書いておくとより新居での作業が楽になり、作業スピードも上がります。

 

また、「本棚1/5」、「本棚2/5」…などと、品目ごと全部で何箱あるかを書いておくのも全体量が把握しやすくなるのでおすすめです。

 

楽に開梱作業が行えるように想像しながら箱詰めをすることが、うまく荷造りをするポイントです。