kyoto2

京都の治安が良いおすすめ地域は、長岡京市

k.hさん 女性 (京都市右京区在住)

京の都へ おいでやすぅ~

京都にお引っ越しされるご予定とのこと、とても住みやすくてよい街ですよ。

 

京都市内にお住まいになられるなら、時間があれば自転車でどこでもぐるっと回ることができます。

 

ご希望の環境がよくわかりませんが、緑が多くて、京都の繁華街までには30分以内で行けるところの中で治安が良くてオススメなのは、長岡京市(ながおかきょうし)・阪急洛西口駅(らくさいぐちえき)付近がおすすめです。

大きいイオンがありお買い物には便利です。

 

これは不動産関係のお仕事をされている旦那さんがいる友達に聞いた話なので、確実だと思います。

長岡京なら、大阪にも出やすいですし、JRも阪急電車も徒歩圏なのでとても便利です。

 

また、お金がある方で京都市内をご希望ならば、梅田とかとは比べものにならないくらい住みやすい都会です。

転勤族の人も多いので、地元の人ばかりじゃないのも住みやすい利点かもしれません。

 

街中なので緑は少ないですが、公園も大きめのものがちょこちょこあります。

お子さんがおられる方なら御所南小学校・御池中学校も京都市が昨年くらいまでモデル校にしてたこともあって、とても人気です。

 

御所南小学校(ごしょみなみしょうがっこう)は都会のど真ん中にあるからか、中学受験を目指す人も多くて、お勉強に熱心な学校です。

地元の方でも、わざわざそこに通わすために引っ越しする人もいるくらいです。

 

また地下鉄北山駅あたりは緑がとても多くて静かな街です。

ちょっと寒いのと大きい家が多いですが、落ち着いた街並みです。

 

我が家は西院(さいいん)〜西京極(にしきょうごく)辺りに住んでいますが、引っ越す予定はありません。

こちらもみどりは少ないですが、子供が多くておすすめです。

 

でも中学校は荒れていませんが、部活動がイマイチなので、お子さんがおられるならば、中学校の部活施設が整っているところを選ばれたらどうでしょうか?

学校によって全然違いますよ。

1位近鉄伏見駅 2位京阪伏見稲荷駅 3位JR桂川駅

h.wさん 男性 (大阪府在住)

都心部に近くて安いところと考えると京都駅より以南か西京極陸上競技場あたりでしょうか。

まず、都心部ですが、都市機能としては圧倒的に大阪が勝っています。

 

大きなイベントであるとか、最先端のファッション、マイナーでニッチな物は大阪でしか売ってないことが多いです。

ある程度の日用品は京都でこと足りますが、大阪へ行くとなると、電車が安くて速いので車よりお勧めします。

 

車だと帰りがしんどかったりしますので…

となると、阪急沿線かJR、京阪沿線の3つのエリアに絞られます。

 

阪急沿線は桂川より西で比較的お上品、京都の繁華街の中心の四条にも阪急は繋がっていますが、京都駅とは繋がっていません。

新幹線を使う場合や、高速バスを使うなら、交通の中心京都駅へ行くのですが阪急の場合多少、不便です。

 

JR沿線の場合、逆に京都駅へは行きやすいのですが、今度は四条へ行きにくく不便です。

そこでお勧めするのが京阪本線(けいはんほんせん)沿線です。

 

京阪は四条駅へも直通。京都駅へも丹波橋で近鉄へ乗り換えて行けますし、もちろん大阪へも繋がっています。

駅は丹波橋駅や近鉄伏見駅近辺か、京都駅へは自転車ですぐの東福寺か、大学の近いの伏見稲荷近辺がいいのではないでしょうか。

 

家賃の安さですが、お上品>お下品=家賃高い>家賃安いの公式が例外なく当てはまります。

 

京阪沿線で安いのは京都は盆地で3方を山で囲まれています。

北部や高台や四条祇園近辺は高いので避けた方がいいです。

 

大学の近辺は安いです。しかし、騒音があるかもしれません。

 

最後に京都の物件は、更新料が発生します。

これを考えとかないと後でえらい目を見ます(大変です)。ご参考まで。

京都は南北に広いので好みによって住む場所も変わります。

n.hさん 60代後半男性 (京都府京田辺市元在住、兵庫県神戸出身)

京都と聞いてまずイメージするのが観光地ということでしょう。

京都市内を始め、あちこちに観光地があります。京都市内を歩いていても外人観光客に出会わない日はありません。

 

さて、私は京都に約20年住んできました。

 

京都市からは南の方の京田辺市(きょうたなべし)という場所です。

昔は綴喜郡田辺町(つづきぐんたなべちょう)と呼んでいましたが、同志社大学の移転により人口が増え、市制移行しました。

 

京田辺市や精華町(せいかちょう)は学研都市(がっけんとし)と呼ばれ企業などの研究機関が多い場所です。

 

木津川の流域で緑などの自然にも恵まれています。

一戸建ての住居の敷地面積が広いです。よほどの新築物件以外、家賃はそれほど高くはありません。

 

最近は開発が進み、マンションが建設されています。幹線道路沿いにはオシャレなカフェやレストランも増え始めました。

 

私がそもそも京田辺市に引っ越した理由が子供の教育でした。

大阪の某所に住んでいましたが、余りに教育環境が悪いと思い、少し田舎に住んでみたくなったのです。

 

そして移った先が京田辺市でした。

京都市に住んでいる人から見れば田舎だと思うでしょうが、近鉄京都線の急行を利用すれば京都駅まで約30分です。

 

さらにここの良い所は、奈良や大阪へのアクセスも良いということです。

奈良へは近鉄京都線やJR学研都市線で行くことができます。

 

また大阪や宝塚、神戸方面へはJR学研都市線とJR東西線経由で行くことができます。

自然環境、教育環境などが良いので、この場所からはなかなか離れにくかったのです。

 

現在子供も独立したので、生まれ故郷の神戸市(こうべし)に戻ってきました。

考えてみれば神戸市の次に人生で長く住んだのが京田辺市でした。

西京区、北区はオススメできるエリアが多いです

m.yさん 30代後半男性 (兵庫県在住)

率直にいって、京都は難しい街ではあります。

西暦794年から1869年までのおよそ1000年もの間、天皇のおわします日本の都であったという歴史。

 

伊達ではありませんよね。

さて、そんな京都に初めて住もうとする人に、覚えておいてほしい言い伝えがあります。

 

それは、

学生と観光客には優しい

ということです。

 

基本的に、京都は良くも悪くも保守的な街です。

 

理由は冒頭であげた長い間日本の都であったことから

内と外」をはっきり分ける風土があり、その為「よそ者」をあまり受け入れない街といえます。

 

例外が学生と観光客で、彼らは「よそからきてお金を落としてくれるお客様」という認識です。

 

あなたがこの例外にあてはまらない人であれば、まずはそのことを念頭においてください。

 

その意味でまず第一候補としてオススメするのが、京都市西京区(にしきょうく)にある「洛西ニュータウン」エリアです。

 

阪急京都線の「桂駅(かつらえき)」、「洛西口駅(らくさいぐちえき)」が最寄り駅で、バス便も充実しています。

 

ニュータウンだけあって京都独特の排他性が薄く、生活に必要な施設は一通りそろっているうえに、京都の中心部である「烏丸駅(しじょうからすま)」や「河原町駅(かわらまちえき)」まで電車で10分程度なので、通勤や休日のお出かけにも至便です。

 

次にオススメするのが、

京都市北区にある「北大路駅(きたおおじえき)」と「北山駅(きたやまえき)」周辺です。

 

前者は沢山の駅前にスーパーなどの商業施設が充実していて、便利ですし、後者はおしゃれなカフェなどもあるちょっと高級な街並みとなっています。

いずれの街も落ち着いており、女性には住みよい街だといえるでしょう。

 

最後にあまりオススメできないエリアとして、JR、地下鉄、近鉄の京都駅から南のエリアです。

このあたりは歴史的経緯や治安などの面で、初めて京都に住む女性にはあまりオススメできません。

京都市内はとにかく自転車が便利

k.mさん 男性 (大阪府在住)

京都に住むのが初めてとのことですが、都心部に近い場所が良いのであれば、まずは京都市内で家を探すのが一番でしょう。

 

というのも、東京都や大阪府と違い、京都府の都心部といえば、ハッキリ言ってしまうと、四条河原町(しじょうかわらまち)を中心とした辺りの一帯ぐらいしか無いので、そこに行きやすいかどうかを軸に考える形になっていきます。

 

京都市内には、地下鉄やバスが沢山走っていますし、四条河原町周辺には他府県と繋がっている私鉄駅も幾つかあるので、それらを利用してすぐに都心部まで出られるような場所を、自分の払える家賃の範囲を考えながら決めるのがベストです。

 

また、京都市内をウロウロするのに非常に有効なのが自転車です。

 

他府県から観光で京都へ来た人等だと、どうしても公共交通機関を利用しがちなのでピンとこないかもしれませんが、駅やバス停から微妙に遠い場所でも、自転車一台あるだけで簡単に行けてしまいます。

そんな自転車の有用性を活かすためにも、都心部へすぐに出たいのであれば、やはり京都市内に住むのが良いと言えるでしょう。

 

中でもオススメなのは、烏丸御池駅(からすまおいけえき)付近です。

 

烏丸御池駅からなら、四条河原町辺りまで出ようと思った際も、地下鉄を利用して数分程度で出られるというのはもちろんなのですが、先程も書いた通り、自転車ならばお金もかからないですし、もっと素早く出ることが出来ます。

 

ちなみに、烏丸御池駅付近の家賃ですが、大体5万円半ばぐらいから7万円程度が相場といった感じで、利便性を含めるならかなりお得な印象があります。

京都に住むなら桂駅前!

u.sさん 30代前半男性 (京都府在住)

京都は全体的に学生が多く、そのおかげで一人暮らしがしやすい環境が整っています。

 

その中でもオススメしたい地域は西京区(にしきょうく)にある桂駅前(西京区川島北裏町付近)です。

 

こちらは阪急桂駅を中心とした街で、家賃も安く、数年前に交番も出来たので治安も良い地域です。

一人暮らしの女性の方が安心して暮らせる場所のひとつでしょう。

一通り揃っているお店

駅前ではコンビニや美容院、ネカフェ、飲食店、携帯電話ショップも豊富ですし、自転車で通える距離にスーパーがいくつかあるのも嬉しいところです。

 

もしも移動手段として車やバイク、自転車を使用するのであれば、国道9号線に出ることも出来ます。

国道9号線は京都の端から端まで繋がってますので、今後よく使うことになります。

繁華街や京都駅へのアクセスも安心

さらに京都中心部や繁華街へのアクセスも万全です。

桂駅は阪急電車の特急が止まりますので、発車から10分で烏丸駅に到着。片道190円。

四条の繁華街にも通いやすい駅です。

 

京都駅へ行きたい場合も烏丸駅から四条駅の電車に乗り換えて、電車で5分で到着します。

 

桂駅には京都線だけでなく嵐山線もありますので、観光地のアクセスもグッド。

電車に乗って7分で嵐山に到着します。

最寄のJR桂川は少し遠いかも

弱点があるとしたら、JR桂川駅が徒歩では少し遠いことでしょうか。

自転車で行けば10~20分ほどで着く距離ですが、歩きだと数十分くらいはかかると思います。

大体、駅一個分以上の距離。2.4km程です。

 

仕事場などの関係で滋賀県方面へ通う場合はJRがメインになると思いますので、注意が必要です。

(阪急は京都・神戸・宝塚・大阪梅田をカバーしていますが、滋賀方面はカバーしていません)

 

その場合はJR桂川に少し近いエリアを住まいに選ぶことをオススメします。

また、JR桂川駅にはイオンモール京都桂川が併設されており、フードやファッション、映画館などが完備されています。

JR桂川寄りでも便利さは揺るぎません。

 

いかがでしたでしょうか。以上、現役の京都人によるオススメの桂駅でした。

東福寺はいかがでしょう

r.sさん 30代後半男性 (京都市東山区出身、大阪府在住)

私は、京都市東山区(ひがしやまく)の東福寺に以前住んでました。

 

交通の便は加茂川を挟んで京都駅まで自転車で10分程で行けます。

京都駅から1番栄えている四条河原町までも自転車で行ける範囲です。

 

JRと京阪(京都と大阪を繋ぐ私鉄)が東福寺には通っています。

電車ですと京都駅までJRで2分で着きます。

四条河原町まで約15分かからないです。逆に大阪までは約50分ぐらいです。

 

好みは各々あると思いますが個人的には自転車で四条河原町まで行ける範囲で大阪市内にも出やすい場所、そして家賃もそれなりに安いと(3万円台~)なると東福寺近辺が良かったです。

閑静な住宅地ですし、スーパーやコンビニも充実しています。

 

デメリットは隣りの九条という街は治安が悪いと昔は言われていました。

しかしながら今は全く普通の街になっていてそんなイメージは個人的には感じませんでした。

 

もともと母親が京都で生まれ育った人ですが、昔と今は全く変わってると言ってました。

 

あとやはり大阪市内にも出る事が個人的には多くなりました。

朝までやってるお店が多いですし、そっちにも友人ができると大阪に向かう率が上がってくると思います。

 

京都は京都で年がら年中、神社仏閣の行事があって良いのですが、大阪の雑多な感じや、人間性も個人的には肌に合っているような気がします。

現在は大阪に住んでいます。

 

京都駅を中心に北のほうに四条河原町があり、そのままずっと北に行くと鞍馬や貴船、嵐山が位置しますが、京都人もしょっちゅうそちらに向かう事はないと思うのでイベント事や足を伸ばしてみる感覚で土地勘としては参考にしてみて下さい。

京都市でもっとも住みよい場所、それが京都市伏見区

h.hさん 男性 (京都府在住)

京都市内でもっとも住みやすい街、それが京都市伏見区(ふしみく)です。

 

この京都市伏見区の特徴は、上京区や下京区など京都市の中心部より家賃相場が5千~1万円ほど安いことと、京都市と大阪市の真ん中にある立地条件から、京都市中心部に京阪特急で20分ほど、大阪市中心部に京阪特急で1時間弱で行くことが出来ることの2つです。

 

特に京都市と大阪市の中心部に近いのは、大きなメリットと言えます。

 

京都には、他に京都市山科区(やましなく)や宇治市(うじし)などの住みよい街がありますが、どちらも大阪市や京都市の中心部から離れてしまうという欠点があります。

(山科区だと大阪に行くのに、宇治市だと京都市と大阪市に行くのに、数十分余計にかかってしまいます。)

 

その点、伏見区は大阪と京都どちらにも短時間でいける場所にあるので、通勤、通学、買い物などの観点から非常に便利です。

 

基本的に、京都市は中心部から離れると不便になりますが、(なので山科区、北区、西京区などは家賃が安めですが鉄道などの交通機関があまり充実していません)

 

伏見区はその例外で、京都のはずれにあるにも関わらず、京阪、近鉄、JRの駅がたくさんあります。

ですので、利便性と家賃の兼ね合いを考えると、京都市伏見区に住むのが一番いいでしょう。

 

家賃の安さのみを考えるなら、伏見区より家賃相場が5千円ほど低い宇治市に住む選択肢もありです。

京都に住む場合、利便性を重視するなら伏見区に、家賃の安さを重視するなら宇治市に住むのがよいでしょう。

京都の良さと利便性の高い中京区!

j.dさん 30代前半女性 (京都市赴任、沖縄県出身)

京都のには学生が多いので、出入りが激しいせいか不動産屋さんが多くあります。

まずは自分にあった不動産屋さんを探す事からですが、私はどの店舗でも丁寧な対応で、京都の物件に強いエ○ッツがおすすめです。

 

京都市内で4回引越しをしましたが、全部そちらの不動産屋さん(支店は毎回違う所)でした。

 

その中で一番のオススメは二条城(にじょうじょう)周辺です!

 

地下鉄は東西線二条城前駅が通っていますが、これもまた学生が多い街の特徴か、自転車通行に優しい道づくりにになっていますので、地下鉄でも自転車でも暮らしやすいです。

京都レトロな通りも多く、三条商店街や喫茶チロルなど、あったかく懐かしいお店なども多いです。

 

また、西に行けば映画館や生活に便利なスーパーやリサイクルショップ、病院や有名な学校があり、東に行けば京都と言えばここ!とも言える新京極、錦市場もあります。

マニアックな通りで言えば、六角通や柳馬場通など、おしゃれで楽しいお店がとにかく沢山あります。

 

このような地域にすぐに行けるのが、二条城周辺なのです。

 

ザ・街中、とも言える新京極近辺にもアパートやマンションはありますが、その辺はやはり少し高めです。

二条城周辺のちょっと外れているけどどこにいくにもアクセス抜群という場所であれば、家賃も街中よりは1から1.5万円安くなります。

 

私は、街中8万円よりも少し外れた二条城周辺で6万円を選び、とても大満足でした。

 

ちなみに二条城周辺の堀川通沿い(ほりかわどおり)がおすすめです。

アーバン×レトロ京都の融合と言いますか、京都らしさを感じながら生活もしやすいという点で、後悔のない暮らしができますよ。

京都に引越す際には市内の五条通がお勧めです

s.wさん 40代前半男性 (京都府在住)

京都に引越して来られる方は、京都のどこに住むのが1番良いか?迷われるかと思います。

 

京都の繁華街は、大きく分けて四条河原町(しじょうかわらまち)と京都駅前に分かれます。

 

京都の場合、街で買い物を楽しめるのは、事実上この2か所が最大です。

昔ながらの京都の雰囲気を楽しみながらショッピングをするなら、四条通(しじょうどおり)一択です。

 

高島屋や大丸、藤井大丸やマルイなどで、ショッピングが楽しめます。

でも、最近になって京都駅が大きく生まれ変わってからは、京都駅前にも大変沢山のショッピングができる施設ができました。

 

京都伊勢丹やビッグカメラ、ヨドバシカメラにイオンモールやアバンティなど、買い物をするのに困ることはありません。

 

この2つのエリアの両方にアクセスできる場所でお勧めなのが、東山区(ひがしやまく)の清水五条(きよみずごじょう)近辺です。

四条河原町に行くにも、徒歩10分と近いです。

 

また京都駅方面には自転車やバスで15分で到着できます。

北の四条と南の京都駅前の中間に位置しているため、交通が極めて便利です。

 

その他には、京阪清水五条駅より東には五条通商店街があり、大変便利です。

 

商店街にはローソン100やファミリーマート、セブンイレブンとコンビニが3つも並んでいます。

食材を買うのに重宝します。

 

勿論ハッピー六原というスーパーも近くにあり、ちょっと五条を西に10分歩くとフレスコというスーパーがあります。

 

家賃も都心より安いです。

女性専用マンションが多数あるため、セキュリティ対策もしっかりしています。

治安も良いので安心して暮らしていけるかと思います。

京都大学のある「出町柳」周辺がおすすめ

u.kさん 40代前半女性 (大阪府在住)

京都で一人暮らしをするなら、おすすめのエリアは左京区(さきょうく)の出町柳(でまちやなぎ)周辺です。

 

最寄駅は京阪電鉄・出町柳駅になり、京都の中心地の三条、四条まで電車で10分足らずです。

自転車でも、15分ほどで京都の中心地に出ることができます。

 

京阪電鉄は大阪のビジネス街である淀屋橋、北浜にも直通しているので、大阪市内に出る時も便利です。

出町柳から京都駅までは、直行のバスがあり、その他のバス路線も充実しています。

叡山電鉄も通っているので、京都市内の移動に困ることはまずないと思います。

 

出町柳は京都大学があることで知られている街です。

京大の他、同志社大学やアンスティチュ・フランセ関西(旧・日仏学院)など、教育、芸術関係の施設が点在していて文化的な雰囲気があり、治安も安心です。

近くには鴨川も流れ、神社仏閣も多く、自然環境にも恵まれています。

 

学生街なので、単身者用の賃貸物件もたくさんあり、有名店から庶民的なお店まで、飲食店も充実しています。

スーパーの数が少ないので、以前は買い物が少し不便と言う声も聞かれましたが、昨年大手スーパーのライフが出店し、夜10時まで営業しているので、ずいぶん便利になりました。

出町桝形商店街という、昔ながらの商店街もあります。

 

近くの知恩寺で毎月15日に開催される「百万遍さんの手づくり市」は、全国から出店者が集り、京都でも有名なイベントになっています。

京都御所や下賀茂神社など、有名観光スポットが徒歩圏内にあり、楽しみながら暮らせるエリアだと思います。

県外からの移住者が住みやすい地域とは

n.hさん 60代後半男性 (兵庫県在住)

進学や就職や転勤などで県外から京都に移住する場合は、(かつら)・二条(にじょう)周辺をお勧めしたいです。

県外からの移住者が多く住んでいる地域なので、その地域に溶け込みやすいし、庶民的なスーパーや大型デパートや学校や病院なども複数あるため、一人暮らしから三世帯同居世代の家族まで年齢問わずに住みやすい環境が備わっています。

 

二条駅からは地下鉄やJRを活用することで、あらゆる方面への外出が可能であり、世界遺産に認定されている二条城があることから駅周辺の再開発が盛んです。

今でも大型商業施設で十分賑わっていますが、今以上の開発が望めるので将来的にも期待できる地域です。

 

バス・トイレ付きでワンルームの家賃相場は5万円前後となっています。

 

桂の地域はJR京都線と嵐山線の分岐点なので、JRが2路線開通しているし、車なしでも徒歩圏内で行くことができるスーパーなどの施設が充実している点で住みやすさを感じます。

桂のほうが他県からの移住者が多い地域でもあります。

 

また、桂は一人暮らしの女性に人気が高い地域なので、女性の一人暮らしでの利便性や治安を考えてもよい地域だと言えます。

大阪にも京都にも行きやすいのがいいです。

 

物件にもよりますが、二条よりはやや家賃相場は1万円ほど上がるように感じます。

ワンルームを借りるとなると、5万円~7万円程度と考えたらいいです。

 

京都は昔ながらの古い物件も多いことから、家賃が3万円程度の物件も複数存在します。

私なら二条駅周辺を選択しますが、自分の生活環境にあった地域を選択することが大切だと思います。