hirosima2

広島で暮らす街は、気候と交通手段で選ぶべし!

s.kさん 20代後半女性 (広島県在住)

まずは広島に暮らす予定のあなた、ようこそ広島へ!

 

地図を眺めるだけでは分からない広島の暮らしとその生活の温度をお伝えできればと思います。

ひとくちに広島といっても、地域によって暮らしの様子は大きく変わります。

その大きな変わり目として、広島暮らし初心者の方が注目すべき点は次の二点です。

温暖な気候の地域をえらぼう

実は広島には意外とスキー場が充実しているのですが、ご存知ででしょうか?

県外の人が持つイメージ以上に雪深い地域もある広島ですが、反対に海側まで出てくると温暖な瀬戸内海気候の地域が広がっているのです。

 

暮らしやすさを重視されるなら、尾道・三原・呉・しまなみ海道など温暖な気候の地域をおすすめします。

 

もし多少の雪なら気にならず、広島中心部へのアクセスの方を重視するなら安佐北区(あさきたく)芸備線沿線あたりがおすすめです。

交通手段は地域内の充実度も気にしよう

どこに住むにしても気になる点ですが、意外と皆さん中心部へのアクセスの良さは調べるけれど、その地域内での移動手段については無頓着なことがあります。

けれど、その地域内の移動手段の充実度は実際生活してみるととても大事です!

両方を満たす街、尾道がおすすめ

尾道市(おのみちし)は最近猫の街として様々なメディアに取り上げられていますが、それだけではない生活の場としての魅力も満載です。

 

温暖な瀬戸内の気候は住む人を選ばず、自家用車だけではなくバスや電車、時には船などの交通手段があって買い物や散歩のコースも豊富です。

広島市内中心部へは電車、車、バス、新幹線と様々な手段があります。

 

空き家再生プロジェクトを手がける団体や、映画の街としての復興を目指す団体など街を活性化するNPO団体の動きも活発で、これから豊かに育っていく、将来性のある街でもあります。

 

家を選ぶ地域としては、中心部ももちろんおすすめですが、安さにこだわるなら向島(むかいしま)や東尾道(ひがしおのみち)が狙い目です。

特に向島は島ゆえに不便かと思いきや、自動車だけでなく自転車や歩行者も低価格で利用できる渡船という交通手段が非常に発達していて、尾道中心部までたったの数分で着いてしまうのです。

もちろん、少し遠回りになりますが橋で中心部まで向かう手段もあります。

 

生活するという点においてもおすすめですが、尾道には他にも様々なプラスαな魅力もあるんですよ。

最近はお洒落な商業施設が建ったり、カフェ文化も充実していて、朝コーヒーを一杯飲んでから出勤というスタイルもできる、文化的にも豊かな街なのです。

 

広島に住むなら観光地としてだけではなく、暮らす場所としても魅力的な尾道を選んでみてはどうでしょう。

20年以上広島県で暮らしています

s.iさん 女性 (広島県呉市在住)

私は現在広島県で20年以上暮らしています。

 

私がおススメの市は呉市(くれし)です。

呉市は数年前に他の市と合併したため、呉・阿賀・広地区が街中の市となっています。

 

呉駅前はとても栄えており、多くの飲食店・病院・ダイソー・ユニクロが入った「レクレ」という建物が駅前にあり、レクレの通路を抜けたところには「ゆめタウン」という大型ショッピングセンターや、観光地として有名な「大和ミュージアム」があります。

 

呉駅ビル内にも、100円ショップ・飲食店・雑貨屋・「フレスタ」というスーパーが入っており、駅前には循環バスやタクシーも多く、駅前には「呉阪急ホテル」という大きなホテルもあるのでとても住みやすいです。

呉・阿賀・広地区には、幼稚園・保育園から高校まで複数の学校があり、大学もあります。

広島まで40分程度で行けるので、通勤・通学にも便利です。

 

呉駅前の家賃相場は少し高めですが、阿賀・広駅周辺の家賃はとても安く、1Kならば4万円程度の物件もあります。

広島県の家賃相場じたいが6,5万円が平均ですが、私が広地区に3人暮らしで住んでいた時は、3LDKのアパート物件の価格は駐車場込みで6万円程度でした。

 

呉市は子供の数も県内ではそこそこいるほうですが、高齢者が県内でも多いこともあり、総合病院や個人病院や老人ホームもとにかく多いので、老後も生活しやすい都市です。

広島市ほどではないけれど、呉市は何かと便利な市なので、子供から大人まで生活費用を抑えて暮らしやすい都市だと私は断言できます。

安くて立地の良い横川駅周辺

j.kさん 20代後半男性 (広島県在住)

広島で引っ越すなら私が必ずお薦めするのは横川駅(よこがわえき)周辺です。

この周辺は公共の交通機関も充実しており、駅、そして広島市内へのアクセスが最高に便利なのが特徴です。

 

その他、スーパーや居酒屋、美容院なども多くあり生活するにはまず困らない立地であるといえます。

 

市内へのアクセス時間ですが車やバイクがなくてもバスや自転車を利用すれば10分から15分で市内へ移動できます。

横川駅も近年改装工事を行い、非常に綺麗な駅へと生まれ変わっています。

 

さらに良いポイントは市電が通っていることです。

市電を利用すれば広島市内の大体の場所に移動することが可能となります。市電の利用代金も150円と財布にも嬉しいところもポイントです。

 

そして、何より一番お薦めしたいのが、こんな好条件の立地でありながら、家賃のコストパフォーマンスが非常に良いところです。

 

広島市内周辺の家賃の平均価格は7万~8万円台が相場です。

しかし、市内から10分くらいしか場所が変わらない横川駅周辺の物件の家賃は3万~5万円以内の場合がほとんどです。

 

また駐車場付きの物件も非常に多く、車やバイクの駐車場にお困りの方にもお勧めしたいです。

 

横川駅は地元の広島県民なら知っている、好立地の場所です。

場所によりますが市内から少し外れているため、騒音などの問題に悩まされることもほとんどありません。

 

広島で一人暮らしや引っ越しをお考えの方は横川駅周辺の物件に目を通してみてはいかがでしょうか。

きっと快適な広島ライフが送れると思います。

広島市のベッドタウン、安佐南区

t.mさん 30代前半男性 (広島県在住)

広島県の中心部は、八丁堀や本通がある中区(なかく)です。

この地域へ通うためにはJR広島駅からは徒歩15分程度かかるため、徒歩で行くこともできなくはないですが、JR広島駅から市内電車を利用する人が多いです。

 

又は、そごうにあるバスセンターにバスで通うという方法もありますが、電車で通勤したいと言う人は広島市が誇る新交通システム「アストラムライン」を利用することをおススメします。

 

アストラムラインは東京にある「ゆりかもめ」に似た乗り物で、高架上を通る電車です。

本数も比較的多く、多くの時間帯で10分に1本程度あるため、便利な路線となっています。

 

アストラムラインを利用することができるのは、太田川沿いの広島市東区から広島市安佐南区にかけての地域です。

 

中でも、安佐南区(あさみなみく)にある大町駅(おおまちえき)は新白島駅を除いては唯一のJRとの乗り換え駅となっており、広島市中心部のベッドタウンとして、人気のある地域の一つとなっています。

 

大町駅のある大町に隣接する緑井には、山陽自動車道「広島I.C」や広島市中心部へ続く片道3車線の大きな道路である「祇園新道(ぎおんしんどう)」などもあるため自動車でのアクセスも非常に良いのが魅力です。

 

緑井には「天満屋」や「フジグラン」といった大きな商業施設があり、館内には「TOHOシネマズ緑井」というこの地域では最大級の映画館や「コジマ×ビックカメラ」といった大手家電量販店もあるため買い物にも困りません。

 

気になる家賃も広島市中心部からは車で約20分、アストラムラインで約15分程度と程よく離れているため、中心地域と比べると安くなっています。

そのため、大町から緑井周辺には転勤によって移り住んでいる人も多く、人口が増えている地域となっています。

広島に住むなら廿日市市の宮内がオススメです

e.sさん 40代前半男性 (広島県在住)

廿日市市(はつかいちし)は合併などで、現在はかなり広い範囲までを指しますが、その中でも宮内(みやうち)をオススメします。

 

現在の宮内は市内から程よい通勤距離で、JRや市電などが並走してて交通の便がいいですよ。

 

一応大きな街ですが、比較的穏やかで閑静な街だと思います。

これは広島の街は基本的に、山の裾とか斜面や、あまり平野がない場所に建物が立っているためで、宮内はこれらと比較してわりと平坦な場所に開けてるためだと思っています。

 

新築のマンションやアパートも増えてきており、市内よりはリーズナブルな価格で住むことができますよ。

施設も充実しており、お店もスーパーやドラッグストア、コンビニや病院と、本当にこんなに必用なのかな、というぐらいここ数年で急速に増えたため、困ることはないでしょう。

 

特に超大型ショッピングセンター「ゆめタウン廿日市」は本当に大きくて、フードコートも多彩でここだけで生活できるのではないでしょうか。

 

そして廿日市市と言えば、なんといっても世界遺産「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」です。

JRや市電からすぐに通えるので、ぜひ行ってみてほしい場所です。

 

宮島の厳島神社も有名ですが、「宮島水族館(みやじますいぞくかん)」も十分楽しめますし、野生の鹿はなんといってもカワイイ!

県外だと以外と知らない人も多いと思いますが、実はロープウェーもあります。

 

夏は海水浴場もあるので、県外からお友達が遊びにきたら、ぜひ案内してあげたい定番のコースです。

 

以上が私のオススメする宮内の紹介ですが、このようにとても住みやすく生活に困ることはない街なので、ぜひ一度参考にしてみてください!

福山市の魅力

k.eさん 30代前半女性 (広島県福山市在住)

広島県に住むなら、福山市(ふくやまし)がオススメです。

 

中核都市ですので、都会というわけではありませんが、逆にいうと都会から来る方も、田舎から来る方も、どちらでも馴染みやすいはずですよ。

 

まずお買い物には困りません。

イトーヨーカドー、フジグランといったショッピングセンターがありますし、車で一時間ほど走ればお隣岡山県には岡山市、倉敷市にそれぞれイオンがあります。

 

倉敷には三井アウトレットもありますよ。

スーパーマーケットやドラッグストアも多く、競合店が多いために安いお店が多いです。

 

病院や美容院、歯科もたくさんあり、住む上で困ることはありません。

全国規模の飲食チェーン店もたいていのものはありますし、福山駅前は居酒屋もたくさん揃っています。

 

福山駅は新幹線ののぞみが停車することも大きな魅力です。

他県から引っ越される方も、帰省の際はかなり利便性があります。旅行も行きやすいですね。

 

お子さんがいらっしゃる方も安心です。

医療費は乳幼児には補助が出ますし、お薬代はタダです。

 

保育所や幼稚園では、子育て支援が盛んに行われていますので、新しい土地で不安なママさんも、交流の場がありますよ。

公立の幼稚園が多いのも魅力ですし、保育所も待機児童はかなり少ないです。

 

家賃相場は一人暮らしなら3~4万円が多く、ファミリーなら5~9万円の物件が多いです。

10万円を越える物件は少ないです。

 

福山市の周りは映画ロケ地で有名な尾道市(おのみちし)、倉敷市(くらしきし)もあり休日のお出かけも楽しいですよ。

瀬戸内海へのアクセスも抜群です。

広島市の中心部は中区です

c.lさん 30代後半女性 (広島県在住)

広島県で最も大きい都市は広島市です。政令指定都市であり、人口も多いですから当然広島県で一番栄えています。

 

その広島市の中でも、都心部と言えば中区(なかく)です。

紙屋町(かみやちょう)や八丁堀(はっちょうぼり)付近には百貨店や家電量販店があり、賑わっています。

 

また、以前は広島駅の周辺はあまり便利ではなかったのですが、現在はお店もたくさんでき、大きなマンションも建ってずいぶん便利になりました。

 

広島駅は住所としては南区(みなみく)になりますが、八丁堀から近いところにあります。

ですから、最も栄えている場所が良ければこの周辺に住むと買い物にも通勤にも困らないです。

 

特に白島(はくしま)地区はもともとあったアストラムラインの駅に加え、JRの駅もできたので、市内中心部にも広島駅にもアクセスしやすい場所です。

しかしこうした中心部付近は家賃はやはり高くなりがちです。

 

もう少し離れても良ければ、西区の横川駅(よこがわえき)周辺も便利だと思います。

横川駅はJR山陽本線で広島駅の2つ隣の駅になります。

 

中区に行くには、横川駅から市内電車が出ています。横川駅にはスーパーが隣接しているので、仕事帰りにちょっと買い物したい時にも便利です。

 

静かな住宅地が良いという場合は東区の牛田(うした)地区も良いでしょう。

アストラムラインの牛田駅からは中心部へもすぐですし、新白島駅でJR山陽本線に乗り換えれば広島駅にも行けます。また、バスも利用可能です。

 

バスと言えば、注意も必要です。

広島市はバスや市内電車の本数も多く、市民の大事な交通手段ではあります。

 

しかしどうしても定刻どおりの運行にならないこともあり、時間が読めないという心配があります。

運行時刻が正確なのはJRかアストラムラインなので、市内中心部や広島駅付近に通勤する場合はこれらの停車駅近くに住むのがおすすめです。

広島県で住みやすいのは東広島市か呉市です

s.cさん 30代前半女性 (広島県在住)

私は転勤族の家庭で育ったので、県外に限らず広島市の中だけでも、尾道市・東広島市・呉市・広島市に住んだことがあります。

 

東広島市(ひがしひろしまし)では八本松駅と西条駅周辺、呉市(くれし)では広駅周辺が利便性に富んでいます。

家賃も4人暮らしで3LDKのアパートで6万円・二階建ての一軒家で7万円程度でした。

 

上にあげた駅から広島駅までJRで40分から50分程度で行けるし、病院・銀行・学校・老人ホーム・スーパー(小型も大型)もたくさんあります。

交通ダイヤも充実しているので、車なしの生活も可能ですよ。

 

広島県は冬に雪が多い北部よりも南部のほうが住みやすいです。

広島駅周辺は家賃が高くて難しい人がほとんどなので、広島駅で降りて通学・通勤をする一人暮らしの人は、横川駅・天神川駅・海田市駅・矢野駅周辺の物件を借りて住んでいる人が多いですね。

これらの駅から広島駅まではJRで5分から15分程度で行けるし、駅周辺が栄えていてとても暮らしやすいはずです。

 

広島県は100円ショップの本社ダイソーが東広島市にあるので、100均のお店がとても多い県なんです。

また、中国・四国地方から上京して進学・就職をする人も多いので、一人暮らしの人には住みやすい環境が各都市で備わっていて住みやすいように感じます。

 

広島県は島が多いので、島に住めば家賃はかなり安いですが、島は何かと付き合いが大変だったので、住むなら絶対に上記であげた駅周辺で物件を探したほうが、人付き合いがとても楽になるはずです。

一人暮らしでの1K物件の家賃相場は5・6万円ぐらいが平均的です。

広島市の郊外のオススメの地区はここ!

t.nさん 女性 (広島県在住)

広島に住むのであれば広島市内がやはりオススメです。

広島というところは中国地方の中心なので広島市に住んでいれば大概のものは手に入ります。

 

特に中心部周辺の中区に住まれるとオフィス街にも近くとても便利です。

平和公園(へいわこうえん)のある辺りが中心になります。

 

交通は路面電車が走っていて広島駅なども近いです。路線バスもこの辺りは多いですよ。

ただし家賃は少々高めになると思います。

 

中区を考えられるのなら白島(はくしま)あたりがオススメです。昨年JRの駅も新しくできて整備されてきました。

 

市内の中心部から離れてもいいのなら佐伯区の五日市(いつかいち)辺りもいいですよ。

こちらだと家賃もぐっと安くなります。とても暮らしやすい街です。五日市駅周辺から市内まで路面電車で30分くらい。広島駅までだとJRで15分くらいです。

 

近くにスーパーや商店があり自転車での移動で大丈夫です。若い方が多くて活気もあります。

 

広島市の良いところの一つに海と山が近くで楽しめることがあります。

佐伯区だと海も近くで車で1時間くらいのところには山あいの温泉も楽しめます。宮島にも比較的近い場所です。

側には大型ショッピングモールがたくさんあり市内まででなくても百貨店もあります。

 

ただし駅周辺に住んでいないとバスの路線も少ないし交通の手段があまりありません。なので自家用車を持っている人がほとんどです。

交通手段が徒歩や自転車の場合は駅周辺に住むところを探されることをオススメします。

 

気候も割に温暖ですし台風もほとんど来ない地域です。

広島に来られたらカープの応援に行きましょう!あの熱気を感じてみて下さいね。

広島市内のおすすめ地区は?

s.bさん 男性 (広島市内在住)

私は今広島に住んで2年くらいの学生です。

正直私も最初は広島の事が全然分からなかったので、いろんな人に聞いたり、何度か下見にも行ったりしました。

 

率直な感想を言うとやはり住むのと下見では全然違うなと思います。

自分はもう少し色んな所を周っておけばよかったなと少し後悔しているので、読者の方にはあまり後悔してほしくないと思ったので、今回書かせていただきました。

 

やはり住む場所としては広島市内が一番良いと思います。

初めて広島に来るのであれば、広島市内だと交通の便も良いし、買い物にも絶対に困ることはありません。

 

広島市内の中でも賃貸が安いのは近場でしたら広島駅から2つ次の駅の横川駅(よこがわえき)周辺がオススメです。

横川周辺は、交通の便もよく、美味しいご飯屋さんもたくさんあり、落ち着いた街だと思います。

 

二つ目は祇園(ぎおん)という街です。

広島駅からだと可部線という電車で5駅くらいです。

 

祇園は近くに大型ショッピングモールもあり、何でも揃っているので初めて住む方にはとても住みやすい街だと思います。

ですが、道路側に住んでしまうと、車がよく通るので少しうるさいかもしれません。

 

3つ目は廿日市市(はつかいちし)という街です。

廿日市市は広島駅から6駅くらいの街で、こちらも暮らすにはとてもオススメの場所です。

 

こちらは住宅街が立ち並ぶ街で、とても落ち着いて暮らせると思います。

また、近くには有名な宮島があるのですぐ、近くに観光名所があるという点でとても魅力的な街だと思います。

3つ程でしたが参考程度になれば幸いです。

広島市なら南区がおすすめ

c.rさん 20代前半女性 (広島県赴任、大阪府在住)

広島県で1番栄えているのは広島市です。

 

その中で1番おすすめするのは南区(みなみく)です。

私は大学時代から就職して合計8年広島市に住みましたが南区が1番住みやすかったです。

 

南区がいいと思う理由の1つに家賃が安いのがあります。

広島市の中心部である中区と比べ家賃が比較的安くて済みます。

 

学生の頃8畳のオートロック、システムキッチン付きのマンションの3階に住んでいましたが家賃は5万円でした。

就職してから同じようなマンションで中区に住んだところ2万円ほど高くなりました。

 

中心部である中区へは南区から自転車で15分あれば着きますし買い物にも苦労はしません。

バスや市電が南区から中区へ続いているので公共交通機関も問題ありませんし、南区は広島駅にも近いです。

 

南区は比較的住宅街なので穏やかな雰囲気もある一方、大学もあるので飲み屋などもあります。

女の子が集まれるようなカフェ、定食屋なども充実しており住むのには困りません。

 

また公園が所々あるので、息抜きにもなりますし、散歩にもとてもいいです。

川も近くにあるのでよくジョギングをしていました。

 

また南区には大学病院もあるので、大きな病院には困りませんし、その周りに小さいクリニックや薬局などが集まっているので医療関係が充実しています。

 

交番がたくさんあるので、治安の悪さは感じませんでしたし、いざ何かあっても交番に駆け込むことができるので女の子一人暮らしでも困りません。

南区は栄えているところから少し離れたとてもちょうどいい環境といえます。