teku2

 

突然の引っ越しと言うのは何時の時代になっても苦労する物ですよね、筆者も度々あって悩みの種でした…

 

その時の経験をこれから引っ越しの為の荷造りの準備をしないと行けない貴方の為にこの記事を通してアドバイスを送らせていただきましょう。

お力になれば幸いです。

~急な引っ越しで使える荷造りテクニックBEST3~

①転勤が決まったならもうその時から引っ越し計画を作り始めるべし

会社の命令で転勤と言っても少なくとも今すぐと言う訳では無く、大体は何週間~何ヶ月か先の話です。ということは見方を変えればそれは猶予と言えます。

なのでもう決まったのなら後伸ばしにしてわざわざ期限を短くするような事はせずに面倒臭がらずにぱぱっと始めましょう。

 

ことわざで言う所の「思い立ったが吉日」の精神で行きましょう。

②引っ越しでいるものと要らないものを荷造りを始める前に予め決めておく。

長年住み慣れた家もあれば長年使い慣れた物もあります。

当然愛着と言うのは出てきますよね?ですが全部が全部を持って行くと荷物の量が莫大になりませんし、キリがありません…ここは心を鬼にしてでも自分達に取っている物と要らないものをはっきりと決め荷物を作るのを極力少なくしていきましょう。

 

ここで気をつけないといけないのは共用物のみならず自分のプライベート用なのもあるので夫婦ならばちゃんと話し合いつつ作業しないと後で喧嘩と言った別問題も出来かねないので気をつけて下さいね?

③自分達では無理と思えば業者を迷わず使うべし

ただでさえ引っ越しで忙しいし出費もあるのに荷物の為に業者を別に呼べないよ…と思いの貴方、お気持ちは確かに分かりますが、荷物を傷つけずに引越し先でもなが~く使いたいならここはプロの出番です。

 

引越し業者を呼びましょう。引越し業者なら見積もりも取ってくれますので取った上に無料でやってくれる業者もありますので一度相談し再び荷物作りもしてもらうのも可能です。ただし…

・とても量が多すぎる
・とても高価な物
・作りが特殊な家具等

だと別途料金が取られる可能性もあるので思い当たりそうな節があるなら事前に相談するなり見積もりを取るなりしておいた方がいいでしょう。

 

さて以上が筆者が荷物作りをする上でしておきたいBEST3のアドバイスでした。

荷物を作るのは自分達が思っている以上に大変です。

 

せめてこの記事のアドバイスが役に立って荷造りが楽になる事を筆者も祈っています…それでは今回はこの辺で失礼します。